スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜の迷走はどこまでも
数時間前に
「本番前最後のお休みなのに仕事入れたけど、ちゃんと朝起きた私エライ」
という内容の記事を書いたのですが、

実はワタクシ


すっぴん


で会社に行きました。




すっきりした顔
オハヨゴザイマース!



今の会社で働き初めて数年ですが、
初めての試みでした。

試みなんて言ってますが、なんのこたない、
お化粧をしたら結構ギリギリだぞ、という時間に起きただけです。
うん、何も偉くない。

で、よしゃいいのにすっぴんだということに気付いていない人にまで
「自分今日すっぴんなんです!」と

まるで



見れ!
「私の恥ずかしい姿を見て!」



と言わんばかりに自虐に走るmaryuan、

完全に

ドM

です。

今回の「Benkei」の共演者の栗林里莉ちゃんが稽古場でよく
「私ドMなんですよ~」
と言っていますが、




ぶばっ!
鼻血が出ます




・・・ではなく、



負けてないぜ!と思うのです。






お前はバカか
・・・ワタシは一体何を言っているのでしょう。




性癖を暴露するだけならまだしも、
何を張り合っているのだか。



沈
バカ!私のバカ!



・・・ナチュラルハイを引きずって眠れないお馬鹿な子羊がいっぴき~


にひき~


・・・うん、寝る!




【まぁだまだいくよ~!!!】

「Benkei ~静恋の涙~」


K.B.S Project
「Benkei ~静恋(セイレン)の涙~」

2009/6/25~6/28 (築地本願寺ブディストホール)

「本能寺オテロ」から約1年半ぶりのK.B.Sスペシャル時代劇。
壇ノ浦で平家を討つも、兄・頼朝に逆賊の汚名を着せられ西国へ堕ちる義経一行。
再興に燃える平家の落武者達。
能や歌舞伎でお馴染み「船弁慶」をベースに描く、
全く新しい時代劇ファンタジー「Benkei-静恋の涙-」
悲しみに濡れる静の魂は、いま、弁慶の祈りとともに荒波を越える!


<日程>
6/25(木) 19:00
6/26(金) 14:00☆/19:00
6/27(土) 14:00 /19:00
6/28(日) 13:00 /17:00

☆アフタートークライブ有り

<チケット料金>
・S席(指定) … 前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,200
・A席(自由) … 前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,200

<チケットお求め方法>
①K.B.S Project HPよりお求め頂けます。
URL:http://www.kbs-p.com/next.php
こちらよりお求めの際には「備考」欄に「鈴木真理」の名前と一緒に
叱咤激励・応援メッセージなどをお書き頂けると非常に嬉しいです。

②私個人よりお求め頂くことも可能です。
その場合maryuan_ticket@yahoo.co.jpまで
・ご希望の観劇日時とS/A席のご希望
・人数
をご記入の上、メッセージを頂けたらと思います。
また、mixiメッセージなどでも受け付けておりますので、
お気軽にメッセージ下さいませ。


ちなみに個人的には①のwebページからの購入がもっともお手軽かと思います。
また、その場合は「買ったよ~」というご報告を頂けたら、嬉しいです。
勿論、備考欄に「鈴木真理を観に行く」的な応援メッセージを頂けると
処理がスムーズかつ、
メッセージを読んだ私のテンションが非常に上がります。
また、S席に関しては、今回席数があまり多くないというのと、
チケットの売れ行きが非常に好調なのもある為、
お早目の予約をお勧め致します。


<出演者>
斉木隆行/藤田清二/たかさきゆこ/栗林里莉/あいか/
山岡達弘/藤田慶輔/鈴木真理/堂屋将之/平沼成基/
竹間梨香/大塚寛之/斉藤潤樹/ケイ・ジェイ/
山川ひろみ/中澤さとみ/菅家ゆかり/鈴木綾

<スタッフ>
脚本・演出:山口喬司 (「本能寺オテロ」「能舞エヴァンゲリオン」「101匹萌えタン」)/
舞台監督・美術・衣装:黒子すたいる / 舞台監督補:世良香生里 
照明:LightingOfficeアルティプラノ / 音響:タカボー / 殺陣:藤田清二 / 
振付:Mutsumi / 題字「Benkei」:中川麓雲 / 製作:K.B.S.Project / 
製作協力:karte、劇団女神座、team D.D.



【こちらもマイペースに更新してます】
胸騒ぎはカーニバルの予感
http://daily-maryuan.jugem.jp/
スポンサーサイト
ナチュラルハイってこういうことさ。
~♪
♪どぉ~ぉしぃ~て~ 





\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
♪朝から仕事入れてしまったんだろぉ~






♪本番前最後の休みだったのにぃ~







しろめ。
♪もう戻れない~











orz










眠い・・・。
そして、よく朝早く起きられたなと思わずにはいられません。








あうあうあー
褒めて!誰か褒めて!





・・・嘘です。





今日は帰ったら寝る!
超回復につとめる!


それでは、最後に皆さんご一緒に~





しじみがトゥルルって頑張ってるんだよ!

ベホマ!!!!!!!!!!!!!





ありがとぉぉぉ~!!!!!!!!!!!!!





【もう一度告知できた!頑張るよ!超頑張るよ!】

「Benkei ~静恋の涙~」


K.B.S Project
「Benkei ~静恋(セイレン)の涙~」

2009/6/25~6/28 (築地本願寺ブディストホール)

「本能寺オテロ」から約1年半ぶりのK.B.Sスペシャル時代劇。
壇ノ浦で平家を討つも、兄・頼朝に逆賊の汚名を着せられ西国へ堕ちる義経一行。
再興に燃える平家の落武者達。
能や歌舞伎でお馴染み「船弁慶」をベースに描く、
全く新しい時代劇ファンタジー「Benkei-静恋の涙-」
悲しみに濡れる静の魂は、いま、弁慶の祈りとともに荒波を越える!


<日程>
6/25(木) 19:00
6/26(金) 14:00☆/19:00
6/27(土) 14:00 /19:00
6/28(日) 13:00 /17:00

☆アフタートークライブ有り

<チケット料金>
・S席(指定) … 前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,200
・A席(自由) … 前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,200

<チケットお求め方法>
①K.B.S Project HPよりお求め頂けます。
URL:http://www.kbs-p.com/next.php
こちらよりお求めの際には「備考」欄に「鈴木真理」の名前と一緒に
叱咤激励・応援メッセージなどをお書き頂けると非常に嬉しいです。

②私個人よりお求め頂くことも可能です。
その場合maryuan_ticket@yahoo.co.jpまで
・ご希望の観劇日時とS/A席のご希望
・人数
をご記入の上、メッセージを頂けたらと思います。
また、mixiメッセージなどでも受け付けておりますので、
お気軽にメッセージ下さいませ。


ちなみに個人的には①のwebページからの購入がもっともお手軽かと思います。
また、その場合は「買ったよ~」というご報告を頂けたら、嬉しいです。
勿論、備考欄に「鈴木真理を観に行く」的な応援メッセージを頂けると
処理がスムーズかつ、
メッセージを読んだ私のテンションが非常に上がります。
また、S席に関しては、今回席数があまり多くないというのと、
チケットの売れ行きが非常に好調なのもある為、
お早目の予約をお勧め致します。


<出演者>
斉木隆行/藤田清二/たかさきゆこ/栗林里莉/あいか/
山岡達弘/藤田慶輔/鈴木真理/堂屋将之/平沼成基/
竹間梨香/大塚寛之/斉藤潤樹/ケイ・ジェイ/
山川ひろみ/中澤さとみ/菅家ゆかり/鈴木綾

<スタッフ>
脚本・演出:山口喬司 (「本能寺オテロ」「能舞エヴァンゲリオン」「101匹萌えタン」)/
舞台監督・美術・衣装:黒子すたいる / 舞台監督補:世良香生里 
照明:LightingOfficeアルティプラノ / 音響:タカボー / 殺陣:藤田清二 / 
振付:Mutsumi / 題字「Benkei」:中川麓雲 / 製作:K.B.S.Project / 
製作協力:karte、劇団女神座、team D.D.



【こちらもマイペースに更新してます】
胸騒ぎはカーニバルの予感
http://daily-maryuan.jugem.jp/
思考はペガサスのように、右斜め上へ飛翔す。
なんということでしょう、六月ももはや下旬に突入してしまいました。

じーざす。

毎度のことながら、己のブログ放置っぷりに惚れ惚れしてしまいます。



ずん
ん?


ずずずん
んん?


再び光臨!
うわぁ!



嘘です、もうなんか色々とすみません。



申し訳なさ過ぎて、先ほどからしゃっくりが止まりません。
しゃっくり百万回すると死ぬ、なんて昔から言われているせいか、
なんだか放置のバチが当たっているような気がしてきました。
あなおそろしや。

死にたくないので、
毛穴という毛穴から、お詫びの気持ちを滲ませたいと思います。



で、最近のmaryuanはというと、
稽古場と自宅の往復の日々を送っています。
なんたって「Benkei」本番まであとわずか。
物理的にも精神的にも鼻血を出しそうなテンションで稽古場へ通っています。

とはいえ、
自己嫌悪一歩手前の反省や、
訳の分からないプレッシャーに押しつぶされそうな日もあって、
だけど次の日には気持ちを切り替えて頑張らなくてはという気持ちとの
ジレンマに悩まされる日も少なくありません。

そんな夜maryuanはどのように過ごしているかというと、


お風呂で


台詞の猛練習・・・ではなく






どん!
トルネード花魁アップを作ったり








どどん!
昇天MIXペガサス盛りを作ったりしています。




シャンプーまみれの頭で。





pokan.jpg




煮詰まってぐちゃぐちゃになった脳内を、
馬鹿馬鹿しいことをすることで少しでもクリアにしよう!という
maryuanの中では最高の事をしているつもりなのですが、
やはり明日以降の稽古場での皆の視線が怖いです。

しかも、最近感じた小さな幸せが、

「これらの盛り盛り頭が段々上手に作れるようになってきたこと」

とか書いた日にゃ、一体どんな顔をされることやら。





だから!
こんな顔だよ。




ごもっとも。




【多分最後の告知です】

「Benkei ~静恋の涙~」


K.B.S Project
「Benkei ~静恋(セイレン)の涙~」

2009/6/25~6/28 (築地本願寺ブディストホール)

「本能寺オテロ」から約1年半ぶりのK.B.Sスペシャル時代劇。
壇ノ浦で平家を討つも、兄・頼朝に逆賊の汚名を着せられ西国へ堕ちる義経一行。
再興に燃える平家の落武者達。
能や歌舞伎でお馴染み「船弁慶」をベースに描く、
全く新しい時代劇ファンタジー「Benkei-静恋の涙-」
悲しみに濡れる静の魂は、いま、弁慶の祈りとともに荒波を越える!


<日程>
6/25(木) 19:00
6/26(金) 14:00☆/19:00
6/27(土) 14:00 /19:00
6/28(日) 13:00 /17:00

☆アフタートークライブ有り

<チケット料金>
・S席(指定) … 前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,200
・A席(自由) … 前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,200

<チケットお求め方法>
①K.B.S Project HPよりお求め頂けます。
URL:http://www.kbs-p.com/next.php
こちらよりお求めの際には「備考」欄に「鈴木真理」の名前と一緒に
叱咤激励・応援メッセージなどをお書き頂けると非常に嬉しいです。

②私個人よりお求め頂くことも可能です。
その場合maryuan_ticket@yahoo.co.jpまで
・ご希望の観劇日時とS/A席のご希望
・人数
をご記入の上、メッセージを頂けたらと思います。
また、mixiメッセージなどでも受け付けておりますので、
お気軽にメッセージ下さいませ。


ちなみに個人的には①のwebページからの購入がもっともお手軽かと思います。
また、その場合は「買ったよ~」というご報告を頂けたら、嬉しいです。
勿論、備考欄に「鈴木真理を観に行く」的な応援メッセージを頂けると
処理がスムーズかつ、
メッセージを読んだ私のテンションが非常に上がります。
また、S席に関しては、今回席数があまり多くないというのと、
チケットの売れ行きが非常に好調なのもある為、
お早目の予約をお勧め致します。


<出演者>
斉木隆行/藤田清二/たかさきゆこ/栗林里莉/あいか/
山岡達弘/藤田慶輔/鈴木真理/堂屋将之/平沼成基/
竹間梨香/大塚寛之/斉藤潤樹/ケイ・ジェイ/
山川ひろみ/中澤さとみ/菅家ゆかり/鈴木綾

<スタッフ>
脚本・演出:山口喬司 (「本能寺オテロ」「能舞エヴァンゲリオン」「101匹萌えタン」)/
舞台監督・美術・衣装:黒子すたいる / 舞台監督補:世良香生里 
照明:LightingOfficeアルティプラノ / 音響:タカボー / 殺陣:藤田清二 / 
振付:Mutsumi / 題字「Benkei」:中川麓雲 / 製作:K.B.S.Project / 
製作協力:karte、劇団女神座、team D.D.



【こちらもマイペースに更新してます】
胸騒ぎはカーニバルの予感
http://daily-maryuan.jugem.jp/


ワタシリウム。
http://yuanna.jugem.jp/
シンクロナイズドすぴりちゅある
出勤中のこと。

目の前のおばさんが携帯をぽちぽち。

あ、


ママン
ママン


と同じピンクのらくらくフォンだ。




メールを打ち終わったとおぼしきおばさん。
なんとなく視界に入ってきたおばちゃんの待ちうけ画面。






みわさん
黄色い美輪明宏







ががーん
ママンと同じだ!





なにこれこわい。





ちなみにmaryuan家では、ママンが待ちうけを美輪さんにしようとして、
美輪さんをあまり好きではないパパーヌに反対された挙句、
プチ喧嘩になったことがあります。
非常につまらない理由です。

娘としてはなんとも微妙な気分で、
おせんべを齧りながら、ハラハラと見守っていた記憶があります。

どうせここまでのシンクロ率を誇るなら、
目の前のおばさんも待ちうけを美輪さんにするのに旦那さんと揉めていたらいいのに、と
思わずにはいられなかった朝の山手線なのでした。



光臨
世間ではそれを余計なお世話と言うのですよ・・・。



あばばばばばば。
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。