スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしらせ。(一年に二、三度の真面目な話)
長らく更新をさぼっていてすみませんでした。

ごめんなさい。。。

生きてます。

四月後半は新年度という事もあり、
珍しく色々な事を考えたり、色々な事に追われた数週間でした。
いえ、普通は四月に限らず、
そして誰だって皆色んな事に悩んだり追われたりしているのでしょうが、
普段てれてれとしたゆるい生活をしているmaryuanには、
これは本当に珍しい事でした。


で、色々と逡巡し至った結論を笑い抜きで真面目に書き連ねようと思います。
我侭と取られてしまいかねない部分もあると思いますので、
それを不快に感じられた場合はどうぞ読み飛ばして下さいませ。


まずひとつ。
私maryuanは四月をもって元氣エンターテインメントシアターを退団致しました。


そして、六月に出演が決まっている舞台に出演した後、
舞台役者としての活動を停止致します。


活動停止に関しては、
本当は六月の舞台が終了した段階でお知らせしようと思ったのですが、
それではこれまで一役者として私を応援して下さった皆様に大変失礼な気がしたのと、
六月の舞台を皆様に、
役者としての自分の最後の姿をしかと見届けて頂きたいという非常にわがままな考え、
また、活動停止を決意したことが結果として元氣エンターテインメントシアターの退団、
という形に繋がったので、
きちんと説明しなければ、
元氣エンターテインメントシアターのファンでいて下さっている方々に
釈然としないものを感じさせてしまうと思い、
退団と同時に発表させて頂きました。

活動停止を決めた理由は、
あるひとつの人生の分岐点が訪れたことにあります。
それは非常に個人的なことで、
現段階でこうやって公の場で明言していいものかどうか未だ迷いがある為、
ここに関しては最後の舞台を終了した後に発表することが出来たら、と思っています。
ご容赦下さいませ。

退団のことですが、
活動停止を決め、最後の舞台を決めた段階で、
まだまだこれから上を目指してゆこうとする元氣エンターテインメントシアターの
大好きなメンバーに、
色々な面で迷惑をかけてしまう気がしました。
それだけは私には出来ませんでした。
皆はきっと優しく迎え入れてくれると思います。
けれど、元氣エンターテインメントシアターという場は、戦いの場ですから、
ライバルとして頑張ってきた、そしてこれからも頑張って欲しいメンバーに
友人として優しい態度を取らせてしまうのは失礼だ。
それが退団を決めた一番の理由です。

元氣エンターテインメントシアターに参加出来たことは、
沢山のことを学ぶことが出来たという意味で
本当に光栄に思っています。


・・・と、こんな風に色々と悩み、決断をし五月を迎えました。
もう落ち込んだりする時間は終わりです。

今は己の決断に後悔しないよう、
ただの我侭で終わらないよう、
これまで役者としての私に関わって下さった全ての皆様のために、
六月の舞台を精一杯、魂を削る気持ちでやり遂げようと思います。
役者maryuanとしての短い残り時間を暖かく見守って下さいませ。

今回のことに関して、
元氣エンターテインメントシアターのメンバーからとても熱い言葉をもらいました。
その上、一人でも役者としてのmaryuanを愛してくれる人がもしいたら、
私は本当に幸せ者だと思っています。


【六月の出演舞台】


舟弁慶~静恋の涙~

K.B.S Project
「舟弁慶 ~静恋(セイレン)の涙~」

2009/6/25~6/28 (築地本願寺ブディストホール)

壇の浦で平家を討つも、逆賊の汚名を着せられ西国に堕ちる義経一行、
危険を察し、静御前との別れを迫る武蔵坊弁慶、
海に漕ぎ出でた義経の命を狙う、平家の残党平知盛、
悲しみに暮れる静の愛は、今、弁慶の祈りによって海を越える!


斉木隆行/たかさきゆこ/栗林里莉/藤田清二/あいか/
ケイ・ジェイ/中嶋さとみ/山川ひろみ/山岡達哉/
堂屋将之/平沼成基/鈴木真理/
竹間梨香/斉藤潤樹/大塚寛之/藤田慶輔 (順不同)

作・演出:山口喬司 (「能舞エヴァンゲリオン」「101匹萌えタン」)

「本能寺オテロ」から約1年半ぶりのK.B.Sスペシャル時代劇。
能や歌舞伎でおなじみの演目「舟弁慶」を、オリジナリティ溢れる演出で舞台化!

<K.B.S Project:http://www.kbs-p.com/

先日顔合わせとキャスト発表が行われました。
とてつもなく個性的なメンバーで、
この個性がいい化学反応を生みそうな雰囲気がバシバシと伝わってきます。
maryuanもとても素敵な役を頂きました。
これからこの役がどのような動きをするのか、今から楽しみで仕方ありません。
己の分身といえる位、この役に命を賭けたいと思っています。
皆様、是非スケジュール帳に「舟弁慶観劇」とご記入下さいませ。

なお、チケット発売は5/8からとなっております。
近くなりましたらまたお知らせ致します!



というわけで、長々と面白みも何もない文章にお付き合い頂き、
本当にありがとうございました。
これからは再びくだらない記事をつらつらとあげてゆきたいと思います。

スポンサーサイト
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。