スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある恥さらしな女が生まれた日
というわけで、参考書を食べる余裕もなく27歳になりました。
日付が変わって早々にメールを下さった皆様、本当にありがとうございます。
maryuanは幸せ者です。

ところで、誕生日を迎えた瞬間のmaryuanはというと、


全裸でした。


入浴中、「ボディ ウォッシュ」という文字が何故か



「ボディ ワッショイ」



と見えて、



ボディワッショイな瞬間
↑こんなのを想像してニヤニヤしていたら誕生日になってました。



27歳maryuanの一年間をそこはかとなく暗示するような
ドンマイ過ぎる幕開けでした。
こんな自分ですが、今後ともよろしくお願い致します。



そして、誕生日を迎えたということで初恋の人から手紙が届きました。


------------------------------------------------------------

maryuan、元気?
今でも男のスーツ姿に執着していますか?
スーツ男の雰囲気に騙されたりしていないか気になります。

maryuanが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、
もう12年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。
ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、
思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、ひどい恋愛をしていたなぁと思います。
基本的にモテたし人気者だったmaryuanに対し、
おれは地味で日陰の存在だったから、いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。
おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と勇気付けながら、
だんだんと距離を置いていったmaryuanが今でも忘れられません。

あ、そうそう、maryuanからしてみればおれは初恋の相手でしたね。
付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、
こっちが恥ずかしくなった記憶があります。
今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。

付き合い始めのころ、
maryuanは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。
言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。
後先考えずにそういうことが言えてしまうところもmaryuanらしいですね。

恋愛を総括して言えば、
きっとおれはmaryuanと付き合うことができてよかったのだと思います。
だいぶ自由人なmaryuanに疲れたところはあったけど、
おかげでかなり精神力が鍛えられました。


いろいろ書いたけど、おれはmaryuanのことがそれでも好きでした。
これからもmaryuanらしくいられるよう、
あと、腹筋を割るという夢もそのまま追いかけながら、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. maryuanがクリスマスにくれた観音像、まだ飾る場所が決まりません。

------------------------------------------------------------


フォントがいじってあるところが何を指し示すか、


それはつまり



ストークされたとしか。
こういうことです。


恐るべし初恋の人。
スポンサーサイト
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。