スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年にニ・三度は真面目な事も考える。
先日、私27の誕生日を迎えました。
が、沢山の方にお祝いされておきながら、感謝をどう記事にして良いか分からず、
そして多忙を言い訳に頂いたメールやコメントへの返信もままならない状態で
ついに月末を迎えてしまいました。
なんという体たらく。




情けない・・・。
猛省中デス。




実際maryuanは今年、本当に沢山の方にお祝いして頂きました。




ori.jpg su-zu.jpg
私の名前でオリジナルカクテルを用意して頂いたり、




TS3D12570001.jpg
素敵なデザートプレートを用意して頂いたり、




TS3D12580001.jpg
おっしゃれーなケーキをホールで頂いたり、




pre_20090326183141.jpg
素敵なプレゼントやバースデーカードを頂いたりしました。



さらに、こんな日記を書いたせいか


大量のプリン・ケーキ・シュークリーム


などの甘いものがmaryuanのもとに続々と届きました。




らんらんるー♪
なんという幸せ!



さらにさらに、




これぞ。
メガネスーツカフェなんてものにも連れて行ってもらえたり。
とりあえずにーさんとかざっき~さんとかケーチ君とか健さんとか、ここで働けばいい!



もうね・・・



おぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
むせび泣いた。




私ってば、なんという幸せ者なのでしょう。
こんなにも素敵な人たちに愛されているのだと思うと、
なんだか急に己の矮小さを感じ、そして恥じ、




だんだんだだんだーん♪
全裸で走り出したくなります。




今年はこれまで生きてきたなかで一番沢山の方にお祝いして頂きました。
しつこいようですが、maryuanは本当に幸せ者です。果報者です。
もはや犯罪者と言っても過言ではありません。
変な女ですが、これからもmaryuanを生暖かく見守って下さったら嬉しいです。
最後になりましたが、お祝いして下さった皆様、本当にありがとうございました。
最高の誕生日でした。
メッセージなど返信が遅れていますが、必ずお礼の言葉を伝えたいと思います。



Thanks to・・・

受付嬢・ケーチ・renton・migichan・中年髭容疑者・ちりちり・
Gunタンク・犬マスク・のりたま@・にーさん・よっぴ・あやっぺ・たかさん・S口さん
健さん・ざっき~さん・DANCHOさん・ほしさん・け。さん・O-嵐さん・盗四郎さん

ありったけの愛を込めて。  maryuan
スポンサーサイト
とある恥さらしな女が生まれた日
というわけで、参考書を食べる余裕もなく27歳になりました。
日付が変わって早々にメールを下さった皆様、本当にありがとうございます。
maryuanは幸せ者です。

ところで、誕生日を迎えた瞬間のmaryuanはというと、


全裸でした。


入浴中、「ボディ ウォッシュ」という文字が何故か



「ボディ ワッショイ」



と見えて、



ボディワッショイな瞬間
↑こんなのを想像してニヤニヤしていたら誕生日になってました。



27歳maryuanの一年間をそこはかとなく暗示するような
ドンマイ過ぎる幕開けでした。
こんな自分ですが、今後ともよろしくお願い致します。



そして、誕生日を迎えたということで初恋の人から手紙が届きました。


------------------------------------------------------------

maryuan、元気?
今でも男のスーツ姿に執着していますか?
スーツ男の雰囲気に騙されたりしていないか気になります。

maryuanが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、
もう12年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。
ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、
思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、ひどい恋愛をしていたなぁと思います。
基本的にモテたし人気者だったmaryuanに対し、
おれは地味で日陰の存在だったから、いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。
おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と勇気付けながら、
だんだんと距離を置いていったmaryuanが今でも忘れられません。

あ、そうそう、maryuanからしてみればおれは初恋の相手でしたね。
付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、
こっちが恥ずかしくなった記憶があります。
今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。

付き合い始めのころ、
maryuanは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。
言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。
後先考えずにそういうことが言えてしまうところもmaryuanらしいですね。

恋愛を総括して言えば、
きっとおれはmaryuanと付き合うことができてよかったのだと思います。
だいぶ自由人なmaryuanに疲れたところはあったけど、
おかげでかなり精神力が鍛えられました。


いろいろ書いたけど、おれはmaryuanのことがそれでも好きでした。
これからもmaryuanらしくいられるよう、
あと、腹筋を割るという夢もそのまま追いかけながら、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. maryuanがクリスマスにくれた観音像、まだ飾る場所が決まりません。

------------------------------------------------------------


フォントがいじってあるところが何を指し示すか、


それはつまり



ストークされたとしか。
こういうことです。


恐るべし初恋の人。
別にアピールしているわけじゃないけど、私はプリンなんかが好きだな。
GIGAZINEにてこんな記事を発見しました。




http://gigazine.net/index.php?/news/comments/
20090317_mental_powers_decline/

【27歳から知能が衰えてくることが研究で明らかに】






げ。
maryuanの知能は風前の灯火です。





あと数時間
どうしよう何しよう。


とりあえず参考書でも食べるか。
私はプリンなんかが好きだな。
秀吉に三倍返し。
世間は白い日ですね。
そう、世界公衆衛生デーです。





オキシジェンヌ
さぁみんな、雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ大腸菌を殲滅だ。
ナイチンゲールさんに敬礼!




・・・うん、間違ってる。間違ってるとも。
でも、そっちのが清潔なイメージでいい気がするんデスヨ?

言うもんか、家で犬相手にエアホワイトデーしたことなんか言うもんか。
しかも家の犬は雌っこなんだぜ!なんて言うもんか。





言 う も ん k・・・




らめぇぇぇぇぇ!




泣かぬなら 泣かせてみしょう ホトトギス。
違っても 押し通しちゃる ホワイトデー。
そう、誰がなんと言おうと今日は世界公衆衛生デー
意思を強く持って、ねじねじと捻じ曲げる!
「苺狩り」を「刀狩り」って言い間違えたんだぜホトトギス!


以上、本日の太閤maryuanのお言葉でした。
それでも僕は・・・
しぇんえん
千円札の





野口英世様
野口英世





オモロー!

世界のナベアツに見えた。







コンビニにて。
ブフォッ」と勢いよく噴いた。
ちょっと汁っぽいものも出たかもしれない。
レジのお姉さん、怖い思いをさせてごめんなさい。
でもね、なにもコンビニで気付かなくてもいいと思うんだ。
桃の節句はささやかで優しい景色。
そういえば雛祭りでした。

可憐なイメージのある女の子の節句の日にこんな日記を書いてしまったことに、
若干震えております。
雛祭りと全裸、全く結びつきません。


むしろ結びついてはいけません。



おひなさま
こんな私ですが、ちゃんと毎年雛人形は飾っています。



そして今日、帰宅して母からちらし寿司が出てくるまで忘れていたわけですが、
お雛様に申し訳がなさ過ぎてなりません。

昔は毎年雛祭りの時期になると、
♪明かりをつけましょ ぼんぼりに~♪などと歌いながら、
色鮮やかなお雛様を前に、この可愛らしさ溢れるイベントに
己が女の子であったことを喜んでいたのに。
(それがどれくらい昔かはさておき)

ところでこのお雛様ですが、雛祭りを過ぎてからなるべく早急にしまわないと
婚期が遅れる、などと言われています。
そんなわけでご多聞に漏れず私も、ハタチを過ぎた辺りから
雛祭りが終わると、それはもうそそくさとお雛様をしまってきました。


そんなワタクシ今月で27になります。


なんだろうなー、お雛様・・・


一体ナニが不満なのでしょう。



一応私も人並みに結婚願望があるのですが。


そんなわけで最近は雛祭りより、
徐々に三十路に近付く己の誕生日の方に気をとられておりました。
maryuan残念過ぎです。

それでも、やっぱりこうして改めてお雛様の前に座ると
なんとなく女の子らしい気分になりますね。
Vデーなどに比べると決して派手ではないけれども、
やっぱり素敵なイベントだと思います。


話は戻りますが、雛人形を出しておきながら肝心の雛祭りを思い出したのは、
母が色鮮やかなちらし寿司、桃色の雛菓子、はまぐりのうしお汁を用意して
雪に降られて震えながら帰宅した私を待っていてくれたことにありました。
それはいつまでも根無し草のような生活をしている私を
「女の子」として慈しんでくれている証拠でした。
それは、忙しさや己の心が狭量である故にささくれがちな私の心を
柔らかく解きほぐして、穏やかな気持ちにしてくれました。
ママン、ありがとう。
あと何回一緒に雛祭りを過ごすかは分からないけれど、
これからはもう少し女性らしくなって、
いつか幸せな結婚をして恩返し出来るよう頑張ります。




ママン
「あ、そうだmaryuanよ」



ん??




ママン
「そのお吸い物のハマグリ、一個あたり90円もするやつだから心して食えよ








えぇぇぇぇ

ムードぶち壊し。




ご・・・ごちそうさまでした。
ハマグリ様、美味しかったです。

大丈夫、脳はしっかりしている。
今夜雪が降るとか降らないとか。
降ったら降ったで帰宅が大変だから嫌なのですが、
降らなかったら降らなかったでつまらないような。

そんなツンデレ@思春期気分を満喫しているPM2時。

みぞれなんて中途半端なものが降った日には、
全裸で街を走ってやる。
光の速さで、速すぎて猥褻物陳列罪にならない位駆け抜けてやる。


眼鏡後輩
「まったく・・・先輩は素直じゃないんだから☆」



お米食べろっ!
うひゃほーい。
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。