スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愚行抄
<その1>
友人と食事をしていた時に
「ハーレー・ダビットソン」という単語がどうしても出てこなくて、


「ピーター・ラビットソン」とのたまってしまいました。


さらに、今このネタの為に画像を探していたら、
同じような発想の人が世の中にはいるもので。


じゃじゃんっ!

らびっとそんキター
か~わうぃ~



<その2>
人違いをしました。
思いっきり馴れ馴れしく肩を叩いて声をかけたら別人でした。


ぎゃああ
「誰!?」


と↑こんな顔になりましたが、その人も


ぎゃああ
オメーこそ誰だYO!!!



と言いたげな同じような顔をしていました。

そりゃそうだ。


<その3>
自宅にて留守番中、何故か突然テンションが上がって、

「浄水!」
「砂漠!」
「カラヤン!」

などとキャッキャキャッキャしながら叫び、
最終的には



「バンビ!」
「小鹿だ!撃ち殺せ!」



とテンションは最高潮に。
「撃ち殺せ!」の「せ!」で上半身を翻したら、





パパーヌ
パパーヌが立っていました。





正直あの時はどうかしてたんだよ、パパーヌ・・・。




<おまけ>
全身全霊で風邪をひきました。
早起きして出勤前に医者に行きました。


休診でした。


自宅に引き返す体力もなかったので、「少し早めだけど」と会社へ行きました。


出勤時間を勘違いしていて、
予定時間より2時間も早く来ていました。






沈






♪モウ一人デ~歩ケナイ~♪
スポンサーサイト
maryuan家・オブ・ザ・デッド
2週間ほど前に、温熱じんましんが出ました。


<温熱じんましんってナニ?って貴方へ>
温熱じんましんは、温水や温風のような
温かい刺激を受けたところにできるじんましんです。
蚊が刺したときのような皮膚の赤味、わずかな腫れ、
そして温熱の特徴である強いかゆみを伴います。


だそうな。

ちなみに原因は何かというと、


きょ~もい~天気~
これ。


そう、コアリズムです。


maryuan家は


パパーヌ
ルートヴィヒ・ヴァン・パパーヌ


が大変な寒がりなので、
この時期はいつも床暖房にエアコン、とフル装備です。
リビングに入るとそこは沖縄です。
めんそーれmaryuan家です。


つまり、そんな空間でコアリズムでがっつり汗をかくという行為がマイナスだったようです。

maryuanからしたら、

「温室効果的なサムシングで余計に汗かいてシェイプアップできるジャマイカ」

と、一石二鳥というか濡れ手に粟というか、
つまりほくほくしていたのですが、
まさかそれがこんなことになるとは。
何事も欲張るものではないですね。

話は戻って温熱じんましんですが、とにかく

か ゆ い。

腫れあがり、赤くまだら模様になった顔面で、
「かゆいかゆい」と悶絶する姿は




かゆうま
どう見てもゾンビ一歩手前です。




若い身空でゾンビへの道を踏み出してしまい、さすがに焦るmaryuan。
「こんな顔ではもう外に出られないすよ~」とゾンビ顔で母ににじり寄るmaryuan。



あうあうあー
ママンたすけて~。


aaa.jpg
マジかよ~!?



ゾンビ顔の娘を哀れんでいるのか、それとも引いているのか良く分からない顔のママン。




ヴォエアー
どう見てもバイオ・ハザードの現場です。




しかし、神様はmaryuanを見捨てなかった!
汗がひいて体温が下がるとと共に、まず顔のまだら模様が消え、
腫れあがった顔も次第に元のサイズに戻ってゆきました。

さっきまでのゾンビ顔が嘘のようです。

パニック映画のラストシーンのように抱き合って無事を喜ぶママンとmaryuan。
まぁなんて感動的。


これで終わればそうだったのですけどね。


そう、それ以来この温熱じんましんが頻繁に発生するようになりました。


発生→混乱→収束→感動→再発


ここからイメージされるものは何でしょう?
そうです、これぞまさにB級映画の王道です。


ちっとも嬉しくありませんが。


初めて発症してから、コアリズムを行うときは、
パパーヌが寝るのを待ってから、
エアコンと床暖房を切り、空気の入れ替えまでしているのに。
何故なんだ。

とはいえ、毎回発症するわけではないし、
しばらくかゆいのを我慢して身体が冷えるのを待てば落ち着くので、
どうぞ皆様心配めさるな。



maryuanは今日も元気です!



・・・もっとも、度々ゾンビ顔になるだけでなく、
「うぉぉぉ~」と野太くディストーションをかけて吼えまくり、
両手を振り回しながらかゆみに耐える娘を見るママンは
色々な意味で堪らないでしょうけど。



てへっ♪
ごめんねママン♪
汁まで愛して。
先日、母が嬉しそうに私を呼びました。


ママン 「ちょっとちょっと見てごらん!すごくいい物発見したYO!(・∀・*)」



その手には一枚の水色をした小さな紙切れ。
何か書いてあったので、受け取って見てみました。




じゃじゃんっ
※イメージ画像




小4時の尿検査の結果表でした。




ぽかーんとしている私に母は嬉しそうに続けます。






ママン 「あげるよ♪」(・∀・)ニマニマ







ええ~っ

いらないよ!!!!!





2009年もママンは全開です。

その後、
「maryuanが結婚する時に持たせてあげようと思ったのに(´・ω・`)」
と呟くママン。

何の為に必要なのだママン。
「これから結婚する貴方にプレゼントしたいものがあるの・・・」とか言って
相手に手渡せばいいのかママン。




ほほぅ・・・
楽しそうじゃないか、ママン!




というわけで、有難く頂きました。
写真を載せなかったのは、私の女としての最後の良心です。



己の尿検査の結果表をプレゼントするようなふざけた女でも愛せる人が現れたら、
それはもはやデスティニーです。
新春心中穏やかじゃない。
今朝の両親の会話。



ママン 「ねえ、お父さんの下着のシャツが見当たらないんだけどさぁ」

パパーヌ 「ほほう?」

ママン 「昨日どこかで脱いだのか?(゜∀゜)」






えぇぇぇぇぇぇ!!.jpg
ママンっ!?






が、正解は「洗濯物の山のなかに隠れていたのをママンが見落としていただけ」


脳内で


ばちこーん!


↑こんな妄想が一気に膨らみ、
挙句膨らみ過ぎて出勤前におしっこ漏らしそうになりました
頼むよママン。ほんとに頼むよ。




さて、話は変わって昨夜の愚弟の発言。



愚弟
「お前がまもなくアラサー(3月で27になります)だと思うと笑えてくる


えぇぇぇぇぇぇ!!.jpg
何 故 だ 。


そして、その夜届いたスパムメールのタイトル。





25のおばさんだけど大丈夫かな?(^∀^*」







mmr_20081115184727.jpg







「大丈夫かな?(^∀^*」って

顔赤らめてんじゃNEEEE!!
日常と非日常の狭間には、ぬくい世界があるんだよー。
一晩経って2009年元旦ですね。



あけおめ
皆様あけましておめでとうございます。



数人に↑の画像を添付して年賀メールをしたのですが、
大変不評でした。何故だろう。



可愛いじゃん、牛。



・・・さて、それはさておき、皆様はどのように年越しを過ごされましたか?
そしてどんな元旦をお過ごしですか?
ちなみにmaryuanの年越しと元旦はこんな感じです。



帰宅

年越しうどんを食す

紅白

氷川きよしに萌え死に

ジャニーズのカウントダウンコンサートにてカウントダウン開始

昨年同様ジェロ似の愚弟が「どんなポーズで年越しの瞬間を迎えるか」を発表



jero.jpg
「今年はだNE・・・」



aaash.jpg
「ま・・・待ってくれ!」




写真におさめる為、慌てて携帯を探す

どこいった!?

携帯を探しながら年越し

お・・・おめでとうございます

やっと携帯を発見

ちなみに愚弟の今年の年越しは「ジャンプ中に年を越す」でした

やらせでその瞬間を再現してもらい写真を撮る

しかし、瞬間の動きのためきちんとカメラにおさめられず

何度もジャンプしてもらう

あきらめる


その時の写真がこれ
愚弟の肖像
なんだこりゃ


家族と連れ立って初詣に向かう

神社で甘酒をこぼす

帰りの道中のコンビニで「小悪魔ageha」とおでんを購入

初食はおでん

入浴

youtubeで何を思ったか「青山テルマ」の動画を漁る

午前四時ごろ就寝

午前十時ごろ起床

家族と年始の挨拶を交わしおせちを食す

出社




ぐだぐだ感が漂ってます。
特に紅白を見始めてから。




つまり全体的に。





アイシャルリターン




まあ、あまり襟を正し過ぎても続かないし疲れるので、
これくらいの方がいいのかもしれませんね。
多分。きっと。そうであって欲しい!



ちなみにmaryuanファミリーは、
皆かなりの自由人(・・・と良い言い方をさせてください)です。
元旦の朝を迎えて年始の挨拶をするのも


全員パジャマ姿


でしたから。
当然皆寝癖つき。ちっとも締まらない。



寝起きのパパーヌは髪がベートーベンのようになっています。
寝起きのママンはバッハです。
寝起きのmaryuanは貞子です。






家族の肖像
つまりこんなお正月。






だがそれがいい!





ジェロ似の愚弟はなかなか起きてこず、
全員が着席してから半白目でやってきました。
初日の出を拝んでから、8時近くまではしゃいでいたようです。


一人で。





だがそれがいい!





今年も家族みんな幸せでアレ!と思わずにはいられないmaryuanなのでした。




ことよろ!
しつこいですか?
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。