スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始まりの尿意と終わりのホラーにループを感じないか
それは数十分前のことでした。
お風呂上りで不意に強烈な尿意に襲われ、
なんとなく面倒なので、パジャマのズボンを膝まで下げた状態でトイレに向かったところ、


寝苦しさで起きてきた父親と鉢合わせました。


kisei.jpg
イラストを描こうかと思いましたが、
あまりにも悲惨な現場だったためにこうなりました。ご理解くださいませ。



最近自ブログが全体的に滞り気味のmaryuanです。
こんばんは。


ikiteru.jpg
私自身の生命が滞っていると思われていそうで怖いです。


大丈夫、生きています。


今は月蝕歌劇団の公演が目前に迫っているため、最後の追い込みに突入し、
せっせと劇場へ足を運び、つゆだくになっています。

そのせいか、ノーメイクで出かけることが平気になりました。

これは進化でしょうか?




それとも退化でしょうか?




・・・それはさておき。

今日いつものように劇場へ向かう電車の中で、
明らかにコミケ帰りと思われる男性二人が隣に座っていました。


comike.jpg
つまりこんな人たち。


戦利品を誇らしげに肩に下げた二人の勇者は、こんな会話をしていました。


「なあ、俺ら今このまま原宿行ったら ネ申 じゃね?」
「あぁ、間違いないな」






deathnote.jpg







zannen.jpg!!!!!!!!!







会話は続きます。


「・・・で、竹下通りで買い物してる奴らを『この軟弱者どもめ!』って見るんだろ?」







zannen.jpg!!!!!!!!!








今の世の中は、なんだかんだで案外平和なのかもしれない、と思わせてくれた二人に乾杯。





さて、先日の日記で思わぬホラーな話をしましたが、


相変わらずホラーな生活は続いています。


二日ほど前だったでしょうか。
お気に入りの黒い背表紙の本(デス●ートに非ず)を読み終え、
「さぁ寝るか」と電気を消して布団に入ったところ、



物凄いスピードでエアコンがついたり消えたりしました。



リモコンは平坦なナイトテーブルの上です。


勿論その日は電気を点けて寝ました。



でんこちゃんの突然の来訪もある意味怖いけどNE!



denko2.jpg
じ ゃ ん 。



正直、こんな暑さ対策はごめんこうむりたいmaryuanなのでした。




【多分最後になるであろう告知】

●月蝕歌劇団8月連続公演 ●

日程:8/20(水)~8/24(日)
    →「<津山三十人殺し>幻視行」
    8/27(水)~9/1(日) 
    →寺山修司没25年作品「邪宗門」
    8/23(土)・8/24(日)・8/30(土)・8/31(日)
    →詩劇ライブ「凍りつくサバト」


場所:全てザムザ阿佐ヶ谷


「<津山三十人殺し>幻視行」
作・演出:高取英 音楽:J・A・シーザー

8/20(水) 19:30~
8/21(木) 19:30~
8/22(金) 19:30~
8/23(土) 14:15~/詩劇ライブ17:15~
       /19:30~
8/24(日) 14:15~/詩劇ライブ17:15~
       /19:30~



寺山修司没25年作品「邪宗門」
作:寺山修司 演出:高取英 音楽:J・A・シーザー

8/27(水) 19:30~
8/28(木) 19:30~
8/29(金) 19:30~
8/30(土) 14:15~/詩劇ライブ17:15~
       /19:30~
8/31(日) 14:15~/詩劇ライブ17:15~
       /19:30~
9/1 (月) 14:30~


<公演チケット>
前売・予約           ¥3800
  当日           ¥4000
  学生           ¥3000
 中学生           ¥1900

<詩劇ライブチケット>
前売・予約           ¥2600
  当日           ¥3000
    
<公演及び詩劇ライブのセット券>
予約のみ           ¥5400


劇団HP:http://page.freett.com/gessyoku/


※公演に関するお問い合わせなどは、

maryuan_ticket@yahoo.co.jp

まで、お気軽にメール下さいませ。
勿論mixiメールでも受け付けています。
観覧ご希望の場合のみ、

①ご希望の作品 ②観劇日時 ③枚数
④ご連絡先

をご記入下さいませ。必ず返信致します。

公演当日、不意に「観覧してやろうかい」というご気分になったら、
受付のところで「鈴木真理を観に来た」という旨お伝え頂けたら、
ワタクシ涙を流して喜びます。
スポンサーサイト
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。