スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと一心地
月蝕歌劇団3月公演

「金色夜叉の逆襲~自ら月蝕を操作する~」

無事に公演終了致しました!



池袋あうるすぽっとという、
八月の紀伊国屋ホールに続き、比較的大きな劇場での公演でした。


owl.jpg
ばばんとポスターが貼られているのを見た時は、感動で鼻血が出そうになりました。


owl2.jpg
とはいえ、客席がずらっと並んでいるのは、壮観ながら正直ビビります。


緊張しながらも、大きなミスや怪我をすることなく、
楽しんでお芝居出来たのは、
ひとえに応援してくださった皆様がいらっしゃったからだと思います。
見栄っ張りなものですから、皆様に少しでもいいところを見せようと、
鼻息も荒く奮闘した、というわけです。

今回は、大事な役を頂いたのもあり、前回よりもさらに学ぶところが多かったです。
勿論、まだまだ至らないところはありますが、
「良かったよ」と言って下さった皆々様の暖かいお言葉をバネに、
これからも精進していきたいと思います。

観劇にいらして下さった皆様、mixiなどで応援メッセージを下さった皆様、
本当にありがとうございました。


【今回maryuanが演じた役】

<詩劇ライブ>
・歌って踊るセーラー服(!)少女のひとり
・町本刑事(正体は正義の味方でした)

<芝居本編>
・間貫一(舞台向かって右側花道におりました)
・ナース(悪の手先。奈落から湧いたり、少年を殺したり、少年に殺されたりしていました)
・女郎のひとり(提灯と帯あげでもって主人公を誘惑しました)
・聴水(小説「こがね丸」の登場人物。というか狐。虎の威をかりたずるがしこい奴です)
・ヴァイオリン弾き(冒頭でも貫一姿で弾きました)

どの役も非常に思い入れがあり、
演じる、というよりは彼らが私の姿を借りて舞台に下りてきた感があったため、
全ての公演が終わった後には、
親しい友人が去ってしまったかのように寂しかったです。


【おまけ】

violin.jpg
約2ヶ月間、私と密接に苦楽を共にしたヴァイオリン。
雨にも風にも、冬の寒さにも負けずに頑張ってくれました。

いずれまた舞台で弾くことがあったなら、
もっと貴方の良さを弾き出せるように身を削ろう。



※mixi上のフォトアルバムに、今回の公演の舞台裏写真などを掲載しております。
よろしかったらこちらもどぞ。
スポンサーサイト
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。