スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠れぬ夜は、好きなものたちに囲まれていた日を思い出す。
特に更新するような事もないのですが、いかんせん眠れないので、
数日前に友人と自由が丘でお茶した時の写真なぞ。



lmari2.jpg
以前に知り合いから頂いたポーランド製の可愛いフェルトの帽子と、
分かりにくいですが、先週の箱根旅行で購入したJUN MENのロングカットソー。
お気に入りのものに包まれていると、とても幸せな気分になります。



lmari.jpg
「犯人は月君で間違いないでしょう」

なんだか非常に「DEATH NOTE」のLちっくな一枚。
勿論L座りはしていません。

お気に入りのカフェアンセーニュダングルにてカフェ・クレームなぞを飲んでます。
ここには死ぬほど忙しい時でない限り、
一週間に一度くらいの頻度で現れている気がします。
しかもいつも同じメニュー。そろそろ顔を覚えられそうです。
常時クラシックがかかっている店内は、クラシック好きな私にとって
非常に落ち着く場所なのです。



自由が丘には結構な割合で出現しているので、もし見かけたら声でもかけてあげてください。
きっとはにかみます。



【本日の作業用BGM】
Daft Punk - Alive 2007

作業用BGMとこの日記の内容があまりにもそぐわない件に関しては、
苦情は受け付けませんw
スポンサーサイト
二部構成にすれば良かった。
レポを更新すると言って、
ずっとしていなかった箱根旅行の写真を黙々とアップしようと思います。

今日こそは花粉に負けない!

よし、これだけ強く意思表示すれば頑張れるでしょう。
てゆか、頑張れ俺。


<1日目>
朝から出発 → 御殿場アウトレットで買い物&昼食 → 強羅のホテル着 
→ とりあえず温泉 → 夕食(豪華) → 部屋のテレビで「ドラえもん」を観る
→ 引き続き「妖怪大戦争」を観る → 途中で眠気が限界に 
→ 就寝

写真なし!
(原因:はしゃぎすぎて、ブロガーである自分を忘れたと思われます)

そのうち、アウトレットで買った服でもアップしようかなー、と。


<2日目>
起床 → 朝食 → もいちど温泉 → チェックアウト
→ ポーラ美術館で名画の数々にため息をつく。
→ 箱根ガラスの森美術館へ。


gmori4.jpg
分かりにくいですが、木には沢山のガラスの実がなっていて、光を乱反射しています。


gmori5.jpg
ガラスの実に近寄ってみました。顔に光が反射しているところから、
そのきらめき具合を察して頂けると良い感じです。


gmori9.jpg
完全に異国です。


gmori2.jpg
奥の方に見える滝っぽいのは・・・


gmori6.jpg
勿論ガラス。わたくし、感動のあまり口が開いてます。



ここはお土産屋さんもかなり見応えがあります。
やたらと高級そうなガラス(で実際びっくりする位高い)が所狭しと陳列されているので、
身体の向きを変えるだけで変な汗が出ます

でも私が着目したいのは、当然そんなところではなく。



gmori.jpg
ヴェネツィアをイメージした美術館なので、こんなものも陳列されています。


で、さらにすごいのが


gmori7.jpg  gmori8.jpg
こんな物まで売っている、ということ。どこで使うんだ、こんなの。
特に右のキャッツみたいなやつ。
それはそうと、このキャッツ写真の私、顔に引っ掛ける紐が外に出てしまっていて、
鼻水みたいになってますね。


で・・・


→ガラスの森美術館内のカフェで生のカンツォーネ演奏を聴きながらティータイム
→ガラスの森美術館を出発 
星の王子様ミュージアムへ。


hosiouji.jpg
今度は一気にフランスです。


hosiouji2.jpg
「夜空が美しく見えるのは、そのどこかに王子が今もバラと暮らしているから」


hosiouji3.jpg
ミュージアムの中は、サン・テクジュペリの軌跡を辿り様々な場所へ連れて行ってくれます。
写真は、サンジェルマンの街並みの再現。
・・・と、たそがれてみるmaryuan。



→ 海外旅行気分を満喫し、星の王子様ミュージアムを後にする。
→ 二日目のホテルに到着 → 夕食(牛鍋) → 温泉 → 就寝



<3日目>
起床 → 朝食 → チェックアウト
→ 箱根ラリック美術館へ。今度はアールデコの世界へ。
→ 数々の美しいガラス工芸と、美しい庭園にうっとりし、写真を撮り忘れる。
→ 美しさは罪だな、と。
→ 仙石原を離れ、芦ノ湖へ。


asinoko.jpg
海かと。
遠くにゴーイングメリー号みたいなのが走ってるし。


→ てくてくと箱根神社へ。


hokojinja.jpg
縁結びの神様らしく、カップルが沢山いました。
ちなみに、maryuanが引いたおみくじは「末吉」でした。微妙。


→ 昼食に、「箱根名物 絹引うどん」とやらを食す。美味


udon.jpg
見れば分かると思いますが、食すのに夢中で写真を撮り忘れました。
こんな残骸の写真見てもなぁ・・・とは思いますが、面白いので載せます。


→ 食後、どうしても甘味が食べたくなり近辺をうろうろ。5分後甘味処を発見。


kanmi.jpg
抹茶白玉アイスとかなんとか。これも美味。
さっきのうどん屋の教訓を生かし、今回はちゃんと写真を撮りました。


→ 帰途につく。さよなら箱根。
→ 家に帰るまでが箱根旅行です。
→ あ が り



以上、maryuanの
「湯けむり箱根の旅 ~温泉もいいけどグルメとアートもねっ☆~」
でした。言ってて憤死しそうです。

それはさておき、あまりの長さに途中であきらめかけるも、無事最後まで更新が出来ました。

更新終了までに、職場のゴミ箱の五分の一をティッシュで埋めましたが。

それでもあきらめず、根性で更新し終えた今、

なんだか花粉に勝ったような気がします。


・・・はい、気のせいなのは分かってます。
あぁぁ~ティッシュティッシュ。
かふんふんかかんふふかん
先週の金曜日から3日間ほど、
公演の名残惜しさや日常に戻ることの難しさなどをデトックスするために
箱根に旅行に行ってきました。

で、そのレポやら写真やらを更新しようと思ったのですが、
私どうやら花粉症デビューしていたようで、
先ほどから鼻水とくしゃみで死にそうです。無理です。


限界ギ・リ・ギ・リultra soulッッ!!ハァイッ! といった感じです。
         smile.jpg


でも駄目です。ハイテンションになると、くしゃみと鼻水が大気に溶けそうです。

なんつーか、

汁まみれ?

・・・失礼しました。

でも実際、これが死ぬほど辛いのです。


今日も職場のゴミ箱をティッシュでいっぱいにしてやったZE!!!!!
ふはははははははぁぁっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なんて叫びもむなしく響くだけです。
さて、maryuanの明日はどっちだ!


kafun.jpg
てゆーかむしろ、明日が見えません!



ちなみに、タイトルですが、
作業用BGMに少女革命ウテナのサントラなぞを聴いていたためにこんな事に。
utena.jpg
♪絶対運命黙示録 もくし くしも しもく くもし もしく しくも~♪


あぁ、悔し紛れの無駄なハイテンションはやめて、本当にいい加減寝ます。
おやすみなさいませ。
旅行レポの前にちょっとこれを見て欲しい。
先日一人暮らし先から帰ってきて以来、
私を「嫁き遅れ」呼ばわりしている愚弟からの情報です。

なんでも最近のデジカメには、フェイスフォーカス機能とやらがあって、
瞬時に人間の顔を認証し、そこに焦点を当ててくれるとかくれないとか。
基本的に機械音痴、デジカメは数年前に壊れてしまって以来、
購入することもなかった(そんなこと考えもしなかった)私には、
「来てるな、未来!」と唸ることしかできません。

で、そんなフェイスフォーカス機能に関するお話。

まずはこの写真を見て頂きましょう。


じゃん!
nicole2.jpg
ハワイでガラ悪く陽気に楽しむ愚弟です。


で、この写真にぽちっとフェイスフォーカスしてみると・・・


nicole3.jpg
んん?


さらにもう一度ぽちっとな・・・


nicole.jpg
どどんと二コール・キッドマン!



基本的に横顔は認識されにくいのだそうですが、
だからと言って、こんな小さな、しかも窓の外の広告にフォーカスしてくれるとは・・・。
ある意味、もう一度「来てるな、未来!」と唸らざるをえません。

というか、カメラに人の顔として認識されなかった愚弟が、若干哀れになります。合掌。

ちなみにその愚弟がこの状況下で発した一言。


「やっぱ二コール綺麗だよなぁ」


そこかよ!
というか、お前は二コール・キッドマンの友人かなにかか!



maryuanが最新の技術に追いつくのはいつになるのでしょう。
女と果物は腐りかけが美味いと言う。
公演後の虚脱感や日常生活にリズムを戻すためのあれこれで、
なんとなくうやむやになっておりましたが・・・

18日に私誕生日を迎えました。

おめでとう私、ありがとう私。

着々と世間一般で言うところの「いい歳」になっていきます。

同時に、今の自分やこれからの自分に対して思うところも増えてくるわけで。
いつまでも「私は私よ関係ないわ」(by中森明菜:少女A)とも言い切れず、
少し悶々としてしまったりしなかったり。

ただ、考えすぎてぐるぐるしたところで仕方ないので、
今は自分の信じる道を、人様に迷惑かけないように進んでいこうと思うばかりです。
幸い色んな意味で方法で支えてくれる人たちがいるので、
これは本当にありがたい事です。
甘えすぎないように、上手に支えられて生きていきたいです。
必要以上にストイックになって、あっぷあっぷしないように。
結果として、大事な人たちに迷惑をかけないように。
それだけです。

で、話は変わりますが、

今回の公演時期と誕生日が近かったのもあり、
公演中にざっき~さんがプレゼントをくれました。


loccitane.jpg
  ☆L'OCCITANEのソープとソリッドパフューム☆


さすがざっき~さん、私の香り好きをしっかり押さえてくれています。
本当にありがとうございます。大事に使います。
というか、勿体無くてすぐには使えそうにないので、
しばらくは飾っておこうと思ったり。

誕生日というだけでなく、普通に公演中にお祝いをくれた方もいまして、
なんだか最近の私は色んな人に愛されてるなぁ、としみじみしてしまいます。
ご本人方からは、「大袈裟だなぁ」と言われてしまいそうな気もしますが、
それでもいいのです。うれしいのですから。


        flower.jpg
O-嵐さんケーチ君がくれたブーケを活けてみました。可愛い♪


O-嵐さんは、他にもご自宅で育てられた柚子を下さいました。
こちらは幾つかを柚子湯として、頂いたその日に投入させて頂きました。
楽日を迎えた身体に染み渡り、とても癒されました。

それ以外にも、たくさんのお誕生日おめでとうメールも頂きました。
☆さんざっき~さんのいさんトラン犬マスクしろねこちゃん
本当にありがとうございます。
元が筆不精(?)なのと忙しさにかまけ、即レスが出来ずに本当に申し訳ありません。
でも、ひとつひとつが私を幸せ気分にしてくれました。本当嬉しかったです。
皆様からのお祝いの気持ちを大切にして、
maryuanはこれからの1年も邁進していこうと思います。

これからもmaryuanを生暖かい目で見つめてあげて下さいませ。


う~ん、最近の日記は笑いゼロだなぁ。
で、笑いゼロのチラ裏みたいな日記を残して、
maryuanは明日から三日ばかり旅行に行ってきます。
ザ・やり逃げ。


【おまけ】
今日会社から帰ってきたら、一人暮らし中の愚弟が帰ってきていました。

で、私の顔を見て一言。

「よう売れ残り」


yamutya.jpg

                 痛。



確かにいわゆる「売れ残り」と言われる歳には差し掛かりましたが、

顔を見るなりそれは、あんまりではなかろうか愚弟よ。
やっと一心地
月蝕歌劇団3月公演

「金色夜叉の逆襲~自ら月蝕を操作する~」

無事に公演終了致しました!



池袋あうるすぽっとという、
八月の紀伊国屋ホールに続き、比較的大きな劇場での公演でした。


owl.jpg
ばばんとポスターが貼られているのを見た時は、感動で鼻血が出そうになりました。


owl2.jpg
とはいえ、客席がずらっと並んでいるのは、壮観ながら正直ビビります。


緊張しながらも、大きなミスや怪我をすることなく、
楽しんでお芝居出来たのは、
ひとえに応援してくださった皆様がいらっしゃったからだと思います。
見栄っ張りなものですから、皆様に少しでもいいところを見せようと、
鼻息も荒く奮闘した、というわけです。

今回は、大事な役を頂いたのもあり、前回よりもさらに学ぶところが多かったです。
勿論、まだまだ至らないところはありますが、
「良かったよ」と言って下さった皆々様の暖かいお言葉をバネに、
これからも精進していきたいと思います。

観劇にいらして下さった皆様、mixiなどで応援メッセージを下さった皆様、
本当にありがとうございました。


【今回maryuanが演じた役】

<詩劇ライブ>
・歌って踊るセーラー服(!)少女のひとり
・町本刑事(正体は正義の味方でした)

<芝居本編>
・間貫一(舞台向かって右側花道におりました)
・ナース(悪の手先。奈落から湧いたり、少年を殺したり、少年に殺されたりしていました)
・女郎のひとり(提灯と帯あげでもって主人公を誘惑しました)
・聴水(小説「こがね丸」の登場人物。というか狐。虎の威をかりたずるがしこい奴です)
・ヴァイオリン弾き(冒頭でも貫一姿で弾きました)

どの役も非常に思い入れがあり、
演じる、というよりは彼らが私の姿を借りて舞台に下りてきた感があったため、
全ての公演が終わった後には、
親しい友人が去ってしまったかのように寂しかったです。


【おまけ】

violin.jpg
約2ヶ月間、私と密接に苦楽を共にしたヴァイオリン。
雨にも風にも、冬の寒さにも負けずに頑張ってくれました。

いずれまた舞台で弾くことがあったなら、
もっと貴方の良さを弾き出せるように身を削ろう。



※mixi上のフォトアルバムに、今回の公演の舞台裏写真などを掲載しております。
よろしかったらこちらもどぞ。
お坊様のように・・・走れ!
これまで撮りためたままになっている稽古場の写真を、
いい加減アップしようと思います。
溜め過ぎですか、そうですか。

私もそう思います。

とゆーわけで。


<パンフ撮影の日の巻>

aoyama.jpg  tatibana.jpg
左):制服にジャージを羽織り、床に座り込んでメイクをする藍山みなみちゃん
可愛いのに・・・めっちゃ可愛いのに・・・ヤンキーみたいだよぅ。

右):男装が良く似合う橘ひかるちゃん
でも、巨大おにぎりをパクついてます。ギャップがものすごいです。



minatiri.jpg
セーラー服姿の藍山みなみちゃんと、アオザイ姿の姫宮みちりちゃん
ちりちりは、さすがピンク好きを自称しているだけあって、アオザイもピンクでした。
てゆか、二人とも可愛すぎ。鼻血が出るYO!ノーズブラッドだYO!


<お稽古中の巻>

yukasama2.jpgyukasama.jpg
衝撃のスギウラユカ様二連続。
月蝕歌劇団では、屈指の男前です。あまりにも麗しいので、「様」付けで皆から呼ばれています。
か・・・かくいう私も・・・も・・・
メガネに白衣のユカ様を見た時には萌え狂うかと思いました
もうね、ドキドキしながら撮った二枚ですよ。

左):私のヴァイオリンを嬉しそうに弾くユカ様。でたらめでも麗しいお姿です。
あ、腕の隙間から心霊写真しているのは藍山みなみちゃんです。
右):ボツになったという被りモノ風の衣装です。
「ハリマオみたいですね」とは、恐れ多すぎて言えませんでした。



grow.jpg
左から、カトリーヌ高野さん矢部美希ちゃん島田早希ちゃんです。
ケーキをぱくついています。個人的に矢部ちゃんの少年の衣装が妙に可愛くてツボです。
島田ちゃんは声がえらい可愛いです。
カトリーヌさんは、妙にパンチ力のある演技をして、いつも私たちを笑かせてくれます。


<タタキ@現在進行形の巻>

kiji.jpg
ここにきて、まさかのキジの剥製
小道具の一つなのですが、無造作にぼこんと置かれていると、軽く衝撃映像です。
というか、鳥が苦手な私には精神的ブラクラ以外何者でもありません。
((((((゜Д゜))))))ガクガクブルブル



kijitatibana.jpg
で、そのキジの剥製を嬉しそうに持ち上げる橘ひかるちゃん
なにやってんだよ、なにやってんだよ~。怖いじゃないかぁ。
てゆーか、それなんてイケニエ?(´・ω・`)



これらの写真を見て、「一体これはどんなお芝居ぞ?」と思われた方、
そりゃそうでしょうな。
様々な衣装に、キジの剥製
気になって仕方がない方、是非観にいらしてみてください。
全ての謎が解ける・・・はず。


------------------------------------キリスト------------------------------------

月蝕歌劇団3月公演がいよいよ目前になりました。
稽古なども佳境に入り、何かとピリピリ・・・してません

確かに2月末までは、色々と思うところもあり、不安や焦りでジタバタしていました。
が、いよいよ目の前に大きな物がぶら下がると、一気にカームダウン出来てしまう、
お得な性格もあり、現在、

私の心はお坊様のように澄み切っています。

・・・言い過ぎました。

とにかく。

今出来ることをやるだけやって、観に来てくれた人達を楽しませることが出来たらと思っています。
勿論自分が楽しむことが前提だけど。
あと少し、もう少し、とにかく走れ私!たまには!



月蝕歌劇団3月公演
「金色夜叉の逆襲~月蝕を自ら操作する~」

尾崎紅葉の「金色夜叉」のモデルは
あの手塚治虫にも影響を与えた児童文学の巌谷小波であった。
彼の悲劇を救うために、小波の小説「こがね丸」の主人公と
少年少女読者が立ち上がる!
2005年に上演された書き下ろし作品、好評につき再演!

<場所>池袋あうるすぽっと

<日程>3/13 19:30~
      3/14 19:30~
      3/15 14:15~・19:30~  
          <詩劇ライブ>17:15~
      3/16 14:30~

<料金>
○前売・予約 S席¥4700  A席¥3900
○当日     S席¥5000  A席¥4100
○学生     S席¥3700  A席¥2900(学生券は劇団のみ)


<作・演出>高取英

<音楽>  J・A・シーザー

<出演>
三坂知絵子/合沢萌/あおい未央/藤田実加
しほの涼
有村深羽/山本貴子/大島朋恵/白永歩美
島田早希/矢部美希
オンディーヌ美帆
姫宮みちり/藍山みなみ/鈴木真理
佐倉萌/橘ひかる
スギウラユカ
門田京三/岡崎哲也
高野直子
阿部能丸
ほか月蝕歌劇団

<月蝕歌劇団HP:>
http://page.freett.com/gessyoku/


チケットご希望の方は、
mixiまたはブログコメントにてご連絡下さいませ。
当日清算のチケットをご用意させて頂きます。
学生割引のチケットは、劇団扱いのみですので、
学生割引で観劇ご希望の方は、必ずmaryuanにご連絡をお願いします。
まさかのビスコ第二段
以前、Perfume「チョコレイト・ディスコ」って曲の、
♪チョコレイト・ディスコ ディスコ♪というところの「ディスコ」が
「ビスコ」に聞こえる
という記事を書いたのを覚えているでしょうか?

その記事から数日後・・・

bisuko2.jpg

本当にあったぞチョコレイト・ビスコ。


たかさんがある日、
確信犯的に「ほいっ」と手渡してくれた物です。
見た瞬間「うわぁぁぁ、チョコレイト・ビスコだぁぁ」と、
私大人気なく狂喜乱舞しました。
数時間後には、美味しく私の胃の中におさまりましたよ。
たかさん、ありがとうございました☆


「チョコレイト・ビスコ」は名曲です。
何か間違っている気もします(というより、もはや曲のタイトルがすりかわっています)が、
これはもうデスティニーなので、これで良いのです。
Copyright © 夢見るアルルカン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。